BIARRITZ MON AMOUR!2018.25.SEPTEMBER
「マリン フランセーズ」は「フランスの海」を意味する。
海と自然に寄り添うライフスタイルを送る、ディレクターの風間ゆみえ氏、高濱明洋氏共に選んだ、カタログのロケ地ビアリッツは、ヨーロッパのサーフィンの聖地としてもよく知られる南フランスの代表的なリゾート地。

Biaritz Mon amour!

「お天気に悩まされることも多い撮影ですが、今回のロケはなんとほぼ雨雲が広がるグレーの空、、、
しかしながら、撮影には丁度良い冬の顔をしたその空が私たちには好天だったりして。
時おり降った雨も、小道具の赤い傘がシネマティクで良かったり。
雨のビーチも蜃気楼のように靄がかかりあたりは霞んで幻想的な光景を見せてくれたりと、
可笑しな解釈にも聞こえるけれど、悪天候に恵まれた??なんていうのかな?笑
最終日にはホテルの前に広がるビーチで太陽にも愛され美しい夕日も眺めました。

街を歩いて素敵な人がいればキャスティングしたいなとも思い、服は、メインモデルのスタイリング以外にもなるべく多く、余分にトランクに詰め込んできた。
初めに見つけたのは少し先にビアリッツに到着した
フォトグラファーが12歳スケーターの男の子をストリートキャスティング。
レディースサイズのホットピンクのニットを着た彼は随分大人びて見えた。

ゲタリーのカフェでは、朝のコーヒーを飲みにやってきた人々が本当に、驚くほどスタイリッシュで、
お洒落な人が多いと聞いていたけれど、カフェの入り口では、ファッションチェックでも行われていたんじゃない?
なんて話したほどにみんな素敵で、思わず声をかけてマリン フランセーズの服を着てもらったの!!
着てくれたゲタリーの人たちは、みんなマリン フランセーズの服がぴったりと似合って気に入ってくれて嬉しかった。」
 
Director kazama yumie

ビアリッツに住む人々は大らかでフレンドリーさを感じる。

彼らの着こなしも要チェック!!

OTHER JOURNAL